neputa日記

日常

【映画】アキ・カウリスマキ作「希望のかなた」を見ました

フィンランドの映画監督、アキ・カウリスマキの最新作「希望のかなた」を見てきました。

昨年12月に公開され見よう見ようと思いつつすっかり忘れていたところ、ツイッターのタイムラインで思い出し無事に見ることができ感謝です。

 

ひとりの監督作品をぜんぶ見る、ということはあまりないのですが、アキ・カウリスマキ作品については日本で発表されているものに限りますがひと通り見ました。彼が作り出す作品世界には、どこかにきっとある(あってほしい)と願うユートピアのように感じられ、私はとても安心感を抱きます。それがあまりに心地よく、すべての作品を覗いてみた理由かもしれません。

 

と言ってもおとぎ話ではなく現実社会が反映されている作品が多く、普遍的な人々の苦しみや悲しみが描かれています。しかし、彼の作品のなかで、人びとは自由に悩み人生を生きているように見えます。あるいは、そう生きていけるように助けてくれる人が現れます。そして、とても早いスピードで世界は変わっていくけれど、人類の歴史はさほど長くはないし、人間自体はいつの時代もそう変わらないものだよ、と語りかけてくるのです。

 

最新作の「希望のかなた」では、シリア人難民の兄弟が登場します。兄のカーリドはフィンランドで難民申請を出すも却下されてしまいます。身分を偽り、優しい人々の手を借りて、生き別れた妹を探しだします。しかしネオナチに暴力を振るわれたカーリドは大ケガを負います。彼は果たして死んでしまうのか、妹は無事に難民申請を許可してもらえるのか、結末は描かれていません。

 

この結末は現実世界を生きる私たちが、この先の未来に答えを出さなければならないのだと思います。「希望のかなた」にあるのは、果たして幸福なのか、あるいは不幸であるかは私たち次第だと問われているように感じました。

 

国家、宗教や民族など群衆の思想が、個々人の足元にある日常をも縛り付けようとする言論を耳にすることが多々あります。せめて目の前に助けを必要とする人がいる場合、思想、属性は関係なく助け合う世界を望みたいものです。「希望のかなた」では、手を差しのべるその瞬間、人はこんなにも美しいのだということを描いています。ひとりでも多くの方にこの作品が届き、互いに手を差し伸べ合う機会が少しでも増えることを願っています。

 

公式ホームページには、作品にも登場する犬の「コイスティネン」が、画面右下にかわいく顔をのぞかせています。

http://kibou-film.com

 

過去の作品について

Netflixアマゾンプライムなどのストリーミングでは見当たらないので、私はDMM.comのDVDレンタルを利用しました。自宅のポストに届き、返却も最寄りのポストに投函するだけで、とても便利でした。

 

ツタヤも同様のサービスがありますが、一部作品が見当たらず、DMMを選びました。月額固定で借りれる本数が決まったサービスを申し込んで、全作見終えたら解約すれば安く済みます。

 

※古い作品は2タイトルでDVD1本になっています。